移住者インタビュー

島で子育てをする良さを発信していきたい

本島在住 / 大石 佑紀さん


大石さんは仕事のため、高松に住んでいましたが、かねてから実家のある丸亀で働きたいと思っていました。そんなとき、本島唯一のカフェ、 「本島スタンド」 の求人募集が目に留まり、オープニングスタッフとして働くことに。最初は島の方言が分からず、困ることもあったそうですが、しばらくすると島にも馴染み、2年前には島の漁師・一仁さんと結婚。本島へ移り住みました。今は3か月になる愛娘、心音ちゃんの子育てに奮闘中です。 「ここなら、子どもが泣いても迷惑がかかりません。必要なものは通販でそろいますし、いざというときは救急船が出ます。島で子育てをする良さをもっと伝えていきたいですね」。

大石さんは、一仁さんが部長を務める「本島さかな部」のマネージャーもしています。 「本島さかな部」は、子どもたちの魚離れを食い止めようと、魚の魅力を発信する団体。地引き網や調理体験などのイベントも開催してきました。「若い人に本島の魅力を知っ てもらえるよう、これからもいろいろと挑戦します」と話すのは、一仁さん。

子どもが健やかに育つ島として、本島をPRしたいという二人の思いは、活動としても着実に進んでいます。


一覧に戻る