まるがめ せとうち 島旅ノート

まるがめせとうち島旅ノート

© MARUGAME SETOUCHI SHIMATABI NOTE

移住者情報Migrant information

手島
北海道から手島へ移住
何もないことが島の一番の魅力でした。
海老名光男さん
北海道から手島へ移住

海老名光男さんは北海道札幌市の出身。
2017年4月に初めて手島に訪れ2018年4月に移住しました。
香川本鷹の畑のほど近くにある平屋の家が海老名さんの住まいです。庭にはみかんなどの実のなる木が目を楽しませてくれます。


海老名さんの移住した家
柑橘の木

四国旅行で足を延ばして手島へ


お酒が好きで高知県や愛媛県には時々旅行に来ていたという海老名さん。
ふと「島にも寄ってみようかな」と思い立ち、2017年に本島を訪れました。
海老名さんはもともと人が多いところはあまり好きではなく、都会と比べれば人は少ない本島でも「観光客が多いな」と感じたそう。
そこでもう1島に行ってみようと選んだのが丸亀港から一番遠くにあった手島でした。


手島行きののフェリー
手島の夕暮れ

訪れたのは4月。札幌市なら4月は春といえどもまだ寒い時期。
ところが手島に降り立つとぽかぽか陽気で「これは天国だなぁ。」と。
西浦海岸に腰を下ろして足を投げ出し、ぼーっと海を眺めていたところを手島に住む吉田さんと出会います。
「声をかけてくれて、コーヒーをごちそうになりました。こんな人がいるなら島で暮らすのもいいなぁ。」と心に残ったそうです。


西浦海岸で出会った吉田さん

西浦海岸で出会った吉田さん

手島自然教育センターに集まった海老名さんと手島の皆さん

海老名さんの移住のサポートをした手島の皆さん

旅を終えて札幌市に戻った海老名さんですが、11月に再び手島に訪れ1週間ほど手島自然教育センターに宿泊。そしてまた札幌市に帰っていきました。


手島自然教育センターに3ヶ月滞在し移住を決めました


そんな海老名さんの手島と札幌市の往復の後、2018年1月、正月が明けて間もないころに手島自然教育センターの電話が鳴りました。
電話は海老名さんから。
「“冬でも泊まれますか?”と電話が来て、びっくりしました。」と手島自然教育センターの管理をしていた高田さん。夏は子どもたちで賑わう手島自然教育センターも冬は閑散期。
「部屋は空いているのでどうぞと伝えました。」
海老名さんは1月から3ヶ月間、手島自然教育センターにじっくり滞在して移住を決めたのです。


海老名さん

住む家は島の人たちが空き家を見つけてくれて持ち主の方との交渉もサポート。外壁、トイレ、水まわりなどの一部を改修し、改修費は丸亀市の補助制度を活用しました。


手島ではじまった新しい暮らし


普段は好きな釣りをして過ごすことが多いそう。
「名前は分からないけど色んな種類の魚が釣れるよ。捌けないからキャッチ・アンド・リリースだけどね。」と笑う海老名さん。
料理も手島に来てからチャレンジしたことの一つ。
「はじめて自分で包丁を持って料理をしました。」料理はやってみたら面白くて、はまっているそうです。


海老名さん

島の人たちから野菜をもらったり、海老名さんも自治会の草刈りや作業に参加したり、小さな島だから島民同士の交流や協力は欠かせません。
8月には手島の恒例の盆踊りにも参加。浜にやぐらを建てて本格的に開催しています。この時ばかりは手島を離れた人たちも帰ってきて賑います。
「たくさんの人が帰ってきて、びっくりしました。ほのぼのとした雰囲気がよかったですね。」


手島の盆踊り

瀬戸内海の多島美に惹かれて


移住のきっかけを作ってくれた西浦海岸が海老名さんのお気に入りの場所。
「札幌市は日本海側だから波が荒いんですよ。瀬戸内海は本当に静かで湖みたい。」
瀬戸内海の多島美の風景が海老名さんをここに導いたのかもしれません。



手島のよいところはと尋ねると
「僕が思う手島のよいところは何もないところ。」と。
何に価値を置くかは人それぞれ。手島での豊かな人生のヒントは海老名さんの心にたくさんつまっているようです。


海老名さん

他のインタビューも見る